派遣のデメリット




hakendemeritto01

派遣社員では得られないもの

派遣の仕組みでもちょっと触れたのですが、派遣社員として仕事をすることになると、派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。

派遣の一番のデメリットは、派遣先企業で仕事をしても派遣先企業の恩恵を受けられないことです。

わかりやすく言えば、賞与(ボーナス)は出ません。基本的に交通費も支給してもらえない場合が多いです。

これらは、派遣社員として働いて得られる給料(時給)の中に含まれているからです。

また時給が上がることもほとんどありません。(交渉すればあがるかもしれませんが)

仕事がデキる人であっても・・・

また職業経験が豊富で、派遣先企業で正社員よりも仕事をこなせる人もいます。

極端な話、上司よりも仕事が出来る人もいます。

そんな場合でも出世することはなく、役職もつきません。

「出世したい」「ボーナスや福利厚生がちゃんとしているところで働きたい」と考えているなら、派遣社員として働くのではなく、正社員への転職をおすすめします。

派遣という働き方の良さはデメリットだけでは判断できません。

あなたがどんな条件を望むかで変わる

基準となるのは、あなたがどんな条件で働きたいかです。その選択肢の1つに派遣という働き方も入れておくというのも手です。

正社員の中途採用や転職に比べると、派遣社員であれば仕事につける確率はあがるはずですから。

頭の片隅に「派遣」という言葉を置いておけば、転職・再就職活動に疲れたときの助けになるかもしれません。