派遣の現地面接・顔合わせを成功させるポイント

015

事前面接は禁止されている?

厚生労働省が定める労働者派遣法では、事前面接はしてはいけないこと(禁止)とされています。事前面接は、派遣社員の間では「顔合わせ」といわれています。

派遣会社があなたを企業に派遣するスタッフとして決めていない場合が事前面接にあたります。

では、派遣会社の登録後に行われる面接や面談、顔合わせなどはなぜOKなのか?

それは派遣会社が社内での選考を終えて、あなたをその企業に派遣すると決めた後だからです。

違いは、仕事を紹介された、もしくは派遣会社であなたに決定した「前か後か」になります。

派遣先企業との顔合わせ(面談・面接)とは?

これから働くことになる勤務先(=派遣先企業)へ訪問する場合のことを、「顔合わせ」「面談」「会社訪問」「職場見学」などと呼ばれています。

※派遣先企業は面接を行えない(紹介予定派遣を除く)ので、ここでは面接は省いています。

実際どんなことをするかというと・・・

  • 派遣先企業からの会社説明
  • 派遣先企業からの仕事内容の詳細説明
  • あなたの自己紹介(職歴など)
  • 質疑応答

派遣先企業から会社説明であったり、仕事の内容を詳しく説明されます。派遣会社から聞いた内容よりも具体的に教えてもらえるので、自分の思っていた仕事内容と違っていないか、しっかり確認しておきましょう。

自己紹介や職歴については、「自分の名前」、「過去の職歴」を簡潔に伝えます。

派遣先企業の担当者に派遣会社の営業担当者が、あなたの職務経歴書の内容を企業名を伏せた状態で渡してあるので、担当者はその資料を見ながら、あなたの話し方や顔の表情などもチェックしています。