派遣会社のスキルチェックの内容は?

hajimetenohaken

派遣登録時に行うスキルチェックとは?

初めて派遣会社に登録をする場合、どの派遣会社でもスキルチェックが行われますが、スキルチェックとはどのようなことをするのでしょうか。

スキルチェックの内容は派遣会社によって異なります。

OA機器(オフィスで使う事務作業用の機器)、特にパソコンでの操作のレベルなどを見る場合が多いです。OAスキルチェックと呼ぶ場合もあります。

  • エクセルやワードの操作のテスト
  • タイピング速度を測る入力テスト

WordやExcelのスキルチェック

ソフトを使った実技テスト

Word(ワード)やExcel(エクセル)の実技テストができるソフトを使って行ったりします。中央揃えにしなさい、とか決まった時間内に指定された操作を行うものが多いように思います。

時間制限があったりするとかなり焦りますが。

実技はなくエクセルやワードでどんなことができるか、たくさん項目が書かれたシートにチェックをして自己申告するだけの場合もあります。

また派遣会社によってはWordやExcelのチェックが行われない場合もあります。

タイピング・入力テスト

入力テストでは、

  • テンキーだけの入力
  • 表示された文章をローマ字で入力する

など、どのくらい正確に入力できるか、またタイピングの速度はどのくらいあるかなどをチェックされます。

こちらのチェックも派遣会社によっては行われないことがあります。

スキルチェックが不安なら・・・

スキルチェック前に事前の準備を・・・と考えているならエクセルやワードの基本操作だけでも勉強して、実際にパソコンで操作練習しておくといいでしょう。

ただWordやExcelはできるに越したことはありませんが、やはり仕事で使う機会がないとなかなか身につかないかもしれません。派遣先企業によっては、Excelはよく使うけどWordはほとんど使わないこともありますし、WordもExcelも必要ないところもあります。

これは仕事の内容によって変わってきますので、自己申告するときは、正直に自分のできることだけを申告するようにしましょう。

オススメなのはタイピング練習

少し時間があるなら、普段から入力スピードが早くなるように、タイピングの練習などをするのはオススメです。

最低限パソコンのキーボードを見なくても入力できるように、ブラインドタッチができるよう意識して入力していくと、だんだん早くタイピングできるようになりますから。

タイピング速度が早いのは、アピールポイントになります。

アピールしなくてもタイピングテストの時に数字で結果がでてくるのできっと「入力速度、早いですね!」と言ってもらえるはずです。